三陸の海の幸メカブ♪

数日前、知人の漁家のかたから
大量のメカブを仕入れました(*^。^*)

10174993_616953031715129_242430062408058448_n.jpg


ばんじょ2つぶんのメカブ!!!



ちなみに「ばんじょ」って
漁家で使うコンテナみたいなのですが
気仙では「ばんじょ」って呼んでます


DSC3659.jpg


DSCF2575.jpg





それにしても・・・・・・



まさか、こんなに大量だとは
ちょっと甘く見ていました 笑


ご存じない人もいるのかなぁ~
ワカメの根っこの部分なのですが
めちゃめちゃ粘りがあって美味しい珍味です♪

生のメカブは
今の時期にしか食べられません


この新鮮なところを
少しでもいいから食べてほしい人がいて
昨日は東京・埼玉・愛知・静岡に送りましたハート



こっちでは春になると
定番の海の幸なのですが
気に入ってもらえたら嬉しいなぁ~


(*^。^*)








頑張っぺし大船渡!!!
ポチッとしてもらうと元気でます♪
↓↓↓
br_decobanner_20110821160544.gif 
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑ 
応援よろしくお願いします♪

posted by きくりん at 13:05Comment(0)日常

チリ地震津波の恐怖

昨日は、1日中気が抜けませんでした

南米チリで起きた大地震のニュース
それを聞いて、間違いなく津波だな・・・
と思ったのは他でもない

それに付け加えて
朝がたの震度4の地震


ホント、もう勘弁・・・



小さいころから祖父母に聞いていた
チリ地震のよる大津波の話

「日本の真裏から、丸1日かけて
大きな津波が大船渡にも来たんだ」


その被害は甚大なものだったようです


気仙の人間は必然的に
 地震=津波
そう教え込まれて育ちます

これは、後世に伝え続ける
大きな意味をもっています
とても大切な大切な役目

自分たちの子供や孫の命を守るため



夕方遅くに津波注意報は解除されたものの
やはり津波は何度も襲来しました
その高さは数十センチ・・・

これ、地元以外の人はなんとも思わないかも


人的被害はなかったものの
漁家の被害は確実です
数十センチの津波の海面下で起こる潮の流れ
これこそが漁家にとっては大打撃なのです

今はワカメの収穫時期
ホヤなども震災後、やっと成長してきたところ
またこうして津波被害です



その落胆ぶりを想像すると
いたたまれない気持ちになります

それでも海とともに
海の恵みの恩恵を受けて生きてきた
三陸の人たちは何度も立ち上がります


その強さ、ホント尊敬します

わたしたち消費者は
美味しい三陸の海の幸を
感謝しながら頂かないとバチが当たるよ



それもそうだけど
被害、あまりひどくないと良いなぁ・・・








頑張っぺし大船渡!!!
ポチッとしてもらうと元気でます♪
↓↓↓
br_decobanner_20110821160544.gif 
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑ 
応援よろしくお願いします♪


posted by きくりん at 11:15Comment(0)日常

教訓を生かすために

この時期になると必ず届く
西東京からのクリスマスローズ

1922520_604281599648939_359798478_n.jpg


とっても綺麗だから
空にいるあの方へ献花してきた
今年は菊じゃなくクリスマスローズ

雨が降ると
大切にされていたお花に
傘をさしてあげていた方

ビールが好きだったから
たっぷり差し上げてきました




震災から3年目
被災地以外の方々の意識はどうなのかな
と、思うことが多くなりました

「もうだいぶ落ち着いたであろう」
そう感じている人
もしかしたら・・・忘れかけている人もいるのかな


もし、そうなら
今いちど、あの映像を思い出してください






知っていますか?
いまだに月命日による
行方不明者の捜索が行われていることを

知っていますか?
今こそ絶望のなかにいて
自ら命を絶つ人が増えていることを

本当に知っていますか?
亡くなった方のなかには
「0歳」と記された赤ちゃんもいることを

知っていますか?



どうかお願いです
こんな悲しいことが未然に防げることを
頭の隅にでもいいので認識していて欲しいのです

どうかお願いです

もっともっと家族と一緒に話す機会を
もっともっと同僚と一緒に話す機会を
もっともっと友人と一緒に話す機会を


生かされている責任を
これからもずっと
私たちと一緒に考えてもらいたいのです





頑張っぺし大船渡!!!
ポチッとしてもらうと元気でます♪
↓↓↓
br_decobanner_20110821160544.gif 
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑ 
応援よろしくお願いします♪

posted by きくりん at 00:12Comment(0)日常

東日本大震災から3年

たくさんの思い出
たくさんの笑顔が
一瞬で消えてなくなった日

3年たったからと言って
その事実が消えることはありません・・・



あの日のあの時間
わたしは自宅2階の部屋で
飼い猫(ひめ)と一緒に
大きな大きな揺れを経験しました


家全体が大きく左右に揺れ
立つ事もつかまる事も出来ませんでした
窓が勝手に空いたり閉まったり・・・

本棚の本は、すべて床に落ち
ひめと一緒に「キャー!!!助けてぇーー!!」
「地震止まってぇぇーーー!!!!」

今思い出すと
そんなふうに叫んでいた気がします


揺れが少しおさまっても
また大きな余震が続きます
この揺れは異常

絶対、間違いなく津波は来る!!!

そう思って、ガクガク震えながらも
(落ち着け、落ち着け)と泣きながら
いつものように、猫の餌やトイレ
毛布や簡単なお菓子を車に積み込み

ひめも車に乗せて
すぐ避難所に行ける状態に


その間も、ビシビシビシ!!!という異常音とともに
大きな余震が続きます

近所の人たちもみんな家の外に出ていて
様子を伺っているようでしたが
「避難しましょう!!!」と叫んで
近所の一人暮らしの人を促しつつも・・・

わたしは、もう1匹の飼い猫(との)が
外に出たまま帰ってこないのが気になり
ギリギリまで待ちました

(早く・・・早く・・・)
そう願っても、とのの鳴き声すら聞こえません


数日前にも津波があり
ギリギリまでとのを待っていた話を
あとで妹に話していて

「もし、また同じことがあったら絶対逃げてね!!!」
と、妹に叱られていたことを思い出し
(ダメだ・・もう逃げないと間に合わないかも)
そう思って、いつもの方向に車を出した瞬間・・・


「藤原さん!!!もう津波来てるから早く!!!!」
「こっちはもうダメだよ!!流される!!!」

と、お隣の奥さんに止められ
その言葉を聞いたときから、ほぼパニック状態で
必死で方向を変えて避難所に向かおうとし

何気に、ふと後ろを見ると
すでに津波が車のそばにまで来ていて
もう必死に必死に(助けて!!助けて!!助けて!!!)
と叫びながら、なんとか避難所にたどり着きました


うち(自宅)は、きっともう無い・・・



信じられないくらいの人たちが
たくさん避難してきました

その場所からも海は見えたので
その大きなうねりを見て
多くの落胆の声、悲鳴にちかい泣き声
そんな絶望のなかに、被災した人たちはいました


(旦那さま、ちゃんと逃げたかな・・)
(妹は、ちゃんと逃げられたかな・・・)

そう思うと、不安で不安でたまらなくなりました
二人とも危険な場所に会社があったので
本当に本当に心配でした


(このまま二人と会えなかったらどうしよう・・・)


実はこのとき
本当に一人になってしまったらと
そんな覚悟もしていました


何度も押し寄せる大津波
時間とともに、ますます冷え込んできて
ほとんどの人たちが、避難所(中学校体育館)に
入っていきました

わたしは、旦那さまと妹と連絡が取れない状態でも
何故かわからないけど、外で待つことにしました


(あの大津波だから、大船渡方面から
    末崎になんて来れるはずがない)


それがわかっているはずなのに
旦那さまは、きっと迎えに来てくれると
ずっと信じて待っていました

夕方になっても夜になっても
旦那さまは来ません・・・妹も心配

あの津波をみた後です
想像をするだけで、もう限界でした


車のなかにいるひめに
「今夜旦那さまが来なかったら、一緒に探しに行こうね」
そんなふうに話しかけて気を紛らせていました


1台、また1台と車で避難してきます
ライトでナンバーが見えにくいけど
あのときの光景は今でも忘れられません

「旦那さまだ!!!!!」


思わず走って行ったら

「生きてた!!きーちゃん!!!」

そう叫んで妹が助手席から飛び出してきました
運転席から旦那さまの姿も確認し
妹と抱き合って大泣き・・・

本当に良かったぁ


そのあと、3人で体育館に入ってみると
とんでもない人数で、ほんのわずかなスペースに
ちょこっと座れる程度でした

そこにきてどんどん冷え込んできて
なんとか少しでも暖をとれる方法を考え
旦那さまから

「ここに来る前に家見に行ってみたら
  大量の瓦礫に埋もれてはいるけど
    流されてはいなかった」

と聞き、妹だけを避難所に残し
旦那さまと二人で自宅から使えるものを
持ってこようという賭けにでました


まだ津波は何度も押し寄せていましたから
今思えばとても危険な行為でしたが
このあとの避難所生活を思えば
本当にギリギリの選択でした

そのくらい、寒さが厳しかったのです



1階には津波は入り込んでいて
2階にあって無事だった布団1組と
今後必要になるであろう食料を持って・・・・

まだ諦められないのが
とのの帰宅

戻ってきた気配はありませんでしたが
帰ってきても、カリカリを食べれるように
丼ぶりに山ほど置いて

それから、妹が待つ避難所に戻りました


体育館に戻って、3人で少しホッとした頃
あちこちですすり泣く人がいることに気が付きました
知っている方の娘さんが泣いています

(ご両親が行方不明・・・)

自然と会話も少なくなります
そんなとき、避難するときも声をかけてくれた
お隣の奥さんがやってきました


「お父さん、流されたみたいなの」

(まさか・・・そんなはずないよ・・)
信じられない奥さんの言葉が続きます

「地震の後、堤防のほうに様子を見に行った」と




大地震、大津波によって
たくさんのことが変わってしまいました

お隣のご主人はこの数日後
自衛隊の捜索により
ご自宅の1階の畳の下から
ご遺体となって発見されました

一度は堤防に向かったものの
自宅にひとりいたはずの奥さんを
迎えに来て被害にあったんだろうと
奥さんは肩を落としていました


ご両親が行方不明だった娘さん
そのあと、悲しい対面をすることになりました


足の不自由なお母さんが
自宅にひとりいることを心配して
勤務先からご自宅に帰った
若い、本当に若い息子さんが津波にさらわれ
お母さんと会うことは、もうありませんでした


行方不明だった、うちのとの
何日かしてから、ずぶ濡れで家に帰ってました
しばらくは震えていましたが
その後しばらくは、車で避難生活をさせました

うちは、被災したとはいえ
家族も皆無事だったので良かったのですが
それでも、あからさまに喜べない環境でした



数日間は、不安や悲しみに包まれた避難所
今度は別の問題がたくさん出てきました


トイレが使えない
水が足りない
食べ物が足りない
毛布が足りない

子供も大人も関係なく
瓦礫のなかから、使えるもの
食べれそうなものを探してきては
皆でわけてしのいでいました



3年経った今でも
あの時の恐怖、絶望、不安
完全になくなった訳ではありません

前向きに・・なんてキレイごとも
自分で言ってて笑っちゃいます



今の状況だと、とても復興に向かっていると
希望が持てるほどではありません(当たり前か)



復興
それってなんですか?

来年の今日
また1年たったら
どんなふうに変わっているのだろう


これから起こりうる災害に対して
この悲惨な被害を少しでも防げるように
普段からの防災意識を高く持つことが
亡くなった方々からの、強いメッセージだと思います


今はただ、亡くなった方々の
ご冥福を祈るばかりです







頑張っぺし大船渡!!!
ポチッとしてもらうと元気でます♪
↓↓↓
br_decobanner_20110821160544.gif 
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑ 
応援よろしくお願いします♪

mariposaプロジェクト♪

2月28日に北上のホテルで行われた
mariposaプロジェクトミーティング♪

皆さんにお会いできたのは
今回が初めてだったのですが
とても素敵な方ばかりでした(*^。^*)

1901949_501786856598753_249942931_n.jpg


皆さん綺麗な方ばかり・・・
なぜ、自分が同席しているのか
全く理解できずに困った顔をしてます

美しい植山代表に
見事な1本釣りをされてしまった私
こんな自分でも大丈夫でしょうか?代表 笑


でも、一緒に活動していくなら
こんなふうに綺麗でありたいわ♪


さて、以前から大きな夢があるきくりんですが
ほとんどの人が
「無理に決まってんじゃん」
「無謀だよ」
そう感じているようです

ちょっと悲しいけど
そのくらい大きな夢です 笑


でも、誰が無理だとわかるのでしょう?

今のわたしは失敗はしていません
むしろ成功に向かっている最中です
生きている間に完成しない夢だったとしても
その意思を引き継いでくれる人たちがいてくれたら
全く無謀とは思えない夢です


ま、そんなビックマウスな感じでいますが
出来ることからコツコツやっているのが現実 (*^。^*)

それが積み重なって
やっと掴みとれるのでしょうから
それはそれは長い道のりかもしれないし・・・
はたまた、来年すぐ叶う夢かもしれません


人生は面白いから
導かれるまま楽しんでみようと思います♪






頑張っぺし大船渡!!!
ポチッとしてもらうと元気でます♪
↓↓↓
br_decobanner_20110821160544.gif 
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑ 
応援よろしくお願いします♪
posted by きくりん at 02:21Comment(0)日常